インプラント 048-687-0081

〒337-0051 さいたま市見沼区東大宮5-36-2

地図を見る

インプラントとは

イメージ画像

インプラントとは、失った歯のあったあごの骨に人工歯根を埋め込み、人口の歯を取りつける治療方法です。
あごの骨にしっかりと固定されるため、天然の歯のように快適にかむことができます。また、ズレることもないので、今まで通りスムーズにしゃべれます。
まわりの健康な歯を傷つけずに治療ができるのも魅力です。さらにあごの骨に力が加わるため、歯を失ってもあごの骨がやせるのを防ぐ効果も期待できます。
見た目も白く自然で、いわば第二の永久歯といわれています。

インプラントのメリット、デメリット

メリット

自分の歯と同じような感覚でかむことができます。歯ごたえや感触、味わいもわかりやすいです。
耐久性に優れており、長持ちしやすくお手入れも簡単です。
歯を失うとあごの骨はやせていくものですが、インプラントはあごの骨に力を加えるため、あごの骨がやせにくいともいわれています。
治療の際にまわりの健康な歯を傷つけずに済むのも利点です。
また、見た目も自然な白さでまわりの歯から目立つことがありません。

デメリット

手術が必要となり、治療期間がかかります。
糖尿病や高血圧など持病をお持ちの方はインプラント治療を受けられないことがあります。
また、あごの骨が薄い、少ないといった理由からインプラント治療が困難になることがあります。
毎日しっかりと歯垢を落とし定期的に歯科医院に通院して、メンテナンスを続ける必要があります。メンテナンスが不足すると、インプラント周囲炎などを引き起こすこともあります。

インプラント治療の流れ

1次手術

STEP1 1次手術

麻酔が効いたのを確認した後、あごの骨に穴を開けて、インプラント体を埋め込みます。
手術時間は約1時間で、当日のうちにお帰りいただけます。

2次手術

STEP2 2次手術

1次手術の痕が治癒するのを待ってから、2次手術を行います。
2次手術では、インプラント体に歯を支える土台を設置します。
歯肉を切開して土台をとりつけ、歯肉を整えて終了です。

人工の歯の作成と装着

STEP3 人工の歯の作成と装着

2次手術後、時間をおいて歯肉の治りを診ながら、土台に取りつける人口の歯を製作いたします。
まずは仮の歯を取りつけて噛みあわせなどを調整していきます。調整が終わりましたら、最終的な歯を装着します。

メンテナン

STEP4 メンテナンス

インプラントを快適に使い続けていくためには、毎日のお手入れと定期的なメンテナンスが欠かせません。
お口の状態などに合わせて通院していただく頻度はお伝えいたします。
なお、メンテナンスが不足してトラブルが起きても、保証システムをお使いいただくことはできません。万が一の時のためにも、必ず定期的にご来院ください。